京西テクノスの医療機器安全管理システムMeHOZEN

京西テクノスの医療機器安全管理システムMeHOZEN

医療機器安全管理責任者の皆様

医療安全のテーマは、日夜診療に取り組まれている医療関係者の皆様のみならず、医療関連業者にとっても重要且つ永遠の課題と考えます。
この度の改正医療法で医療機器の安全管理に関して、「従事者研修」「保守点検計画の策定及び保守点検」「情報収集と改善策」等が義務化され、各医療機関においては医療安全管理の取り組みが強化されていることと思います。
京西グループは、産業界の設備保全管理システムで多くの実績があり、信頼性の高い横河電機の保全管理システム「eHOZEN」を医療機関向けに適用し、 医療機器安全管理の運用を支援するシステムとして、医療機器安全管理システム「MeHOZEN」をご提供させて頂きます。

 

 

医療機器の安全管理、設備管理、保守費用管理、などの管理ツール
  1. すべての医療機器の一元管理・・・設備管理台帳
  2. 各医療機器の教育・訓練の計画及び実施記録
  3. 医療機器保守業務を定量的に診断評価

 

  • PDCAサイクル手法の活用
  • 分析データに基づいた「コストと信頼性の最適化」を探る
  • 教育・訓練の評価・・・計画・内容の見直し

 

 

システムの導入は、拡張性とデータ管理の永続性の確保が重要
  1. 医療機器安全管理の基幹システムとして導入をお勧めします。
  2. 管理システムの目的、管理対象機器及び期待される管理内容等の調査・分析が必要です。
  3. まずはフィジビリティスタディをお勧めします。

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ